FC2ブログ
ライン
インフォメーション
いままでありがとう!
RFのすけレーシングへようこそ

nlogo5.jpg
「RFのすけレーシング」は 東北地方太平洋沖地震で被災した八戸のラーメン屋、
『らーめんふぁくとりー のすけ』を応援しよう!を合言葉に集まったバイク乗り達です。
サーキットを走る事が好きだった僕達は、走る事で「らーめんふぁくとりーのすけ」の支援になる方法がないかと考え、
数々の出会いとタイミング、様々な協力を得てレース活動を行う事になりました。
僕たちが走る事が「らーめんふぁくとりーのすけ」の宣伝活動に繋がればと出来る範囲でがんばろうと思います。
「らーめんふぁくとりー のすけ」共々、応援してくれると嬉しいです。

のすけHP http://www.rf-nosuke.com/
三春屋ネットショップ http://www.welci.jp/miharuya/※カード決済OK
つけ麺に続きラーメンが注文出来るようになりました!

Powered by Ayapon RSS! オススメ 通販王国 消費者金融

固定観念リセット。


先週土曜に筑波サーキットの練習走行をした後、さいたまの我が家には直帰せず千葉県某所の福田さんのガレージに向かいました。

今週末の筑波ツーリストトロフィーNMクラスに参戦するためのR600のちょっとした整備と、決勝で使うタイヤに履き替えるのが目的です。

今年の1月の辺りに初めて福田さんのガレージにお邪魔した時、設備や環境の凄まじさにずいぶん驚いて緊張したのを憶えてますが、8ヶ月経ってなんだかんだと足を運び続けるうちにとても居心地の良い空間になっていたというか、そこに自分が居る事に対する違和感というか、そういうものがだいぶなくなっていたな、と改めて気付いたりしています。

ガレージに到着してみると、福田さんが翌日(9日)に日光サーキットのMTK走行会に参加するためにCB-1の整備やら準備やらしていました。
挨拶もそこそこにお互いにやる事をやる…のですが、いつも通り手際の悪い僕を見兼ねてR600の作業を手伝ってくれました。

普段から福田さんとはバイクの事やレースの事、サーキットで出会った人達の話しや価値観、色んなものの見方等々、本当にいろんな話しをします。
この日は僕が筑波サーキットの練習でまったくもって不甲斐ないタイムを出して帰って来て『自分の感覚では悪くないし、乗れてるっていう感覚もあるのにタイムが出ないのはどういう訳か?』っていうのが1番の話題でしたが、僕が何かを相談すると福田さんは必ず『これこれこういう理由で何処がどうなるから何処が遅くなる。それでタイムも落ちる』という答えをくれます。

僕は勘と勢いだけでバイクを走らせてる類いの人間なので、その答えが合っているのか間違っているのか、それは実際のところ正確には判らないのですが、福田さんの言葉には説得力がある。

ところで僕が今年筑波ツーリストトロフィーに参戦しているGSX-R600は福田さんにお借りしているバイクで、僕はこのバイクで筑波をまだ4秒1までしか到達していないんですね。
土曜の練習の時なんかタイムを落として5秒3しか出せなかったし。

そこで思う所があって、『では、ブランク前の選手権に参戦してた全盛期の福田さんがこのR600に乗ったなら(実際選手権に出てた時のR600は僕がお借りしてる車体ではなくて、この車体は練習用兼スペア)筑波何秒出ますか?』と質問したところ、少し考えて『頑張って1秒台入るかどうかってトコだろうね』と。

今の僕は福田さんのこの推察を信じられるところにいる。
きっと本当に現役の頃の福田さんなら1秒台に入れられたんだと思う。

つまり僕が今預かってるバイクのポテンシャルは乗る人間が乗れば1秒台までは行けるっていう事。
それを僕が乗ってるせいで4秒台までしか到達出来ない。

『なんだ、そうか…やっぱり僕が邪魔してただけか♪』と、とても気が楽になりました(笑)

そして、やる事やってバイクの積み込みまで完了した状態でアレコレ雑談に華を咲かせて、そろそろ福田さんも次の日走行会で朝も早い事だし解散しますか…とガレージの片付けなんかしていましたら、気付いたらカエル。

カエルinガレージFKD


何やら久しぶりにこの手の生き物を見たような気がするなぁ…と物凄く観察していましたらば、有り得ないくらいの距離をジャンプした!!

人間換算で50m以上飛んでますよ。助走なしで!
なんかもうマトリックスの世界。

『速く動こうとするな。速いと知れ。』コレ。

僕がムキになってあぁでもないこうでもないってやらなくても、あのR600は速い。
むしろ僕がムキになってアレコレやるから遅くなる。

残念ながら今の僕に筑波1秒台の実力はまだついていないものの、せめて自分のベストを更新して文字通りベストを尽くせるように、1度固定観念をリセットして今週末のツーリストトロフィーに臨みたいと思います!

応援、よろしくどうぞ♪

体重自由自在。不思議体質。


痛っ!
イタタタタッ!!
腹筋痛っ!!

あ、こんばんは。
のりはしです。

僕普段腹筋しないんですよ。全然脈略がないのですが。

勘と勢いでバイクを走らせる自分としては、普段サーキットを走るために鍛えてるのは主に下半身と肩周りと腕の外側。それから背筋も少し。

腹筋は特に必要ないと考えているので、特に鍛えたりもしない。

なのですが、ここ暫く筑波でGSX-R600を走らせるに当たってある程度体重があった方が良いのではないか?と考えるようになってですね、スパーダやNSR250Rで日光を走るためにまず自分を軽量化しようと52kgにしていた体重を60kgまで増やしてみたのです。

するとどうでしょう。

特に鍛える訳でもなくカロリーを摂取して体重を急激に増やそうとしてみたら、お腹がマンガのようになってしまいました。

自分の見た目に限りなく無頓着な自分も、さすがにこれはちょっとした危機感があります。
というかツナギのお腹周りが窮屈で動き辛いです。

なので、ここ暫く久しぶりに腹筋したりしていますが、筋肉が出来てくるとその筋肉が表面の脂肪を押し出すので、余計マンガみたいな事になっています(笑)

今週末8日の筑波の練習走行までにはツナギを違和感なく着れるようになりそうです。

というか前回の筑波練習の時に60kgもいらなかったな…と思ったので、次は間を取って56kgくらいにして筑波TT NMクラスに参戦してみたいと思います!

なんとわたくし。
50kgくらいから60kgくらいまで、体重が自由自在です。
不思議体質です(笑)

努力と充実感はイコールということ?

まだまだ暑い日が続きそうですが、早いもので2012年ももう2/3が終ってしまいましたね。

9月と言えば前半は15日の筑波ツーリスト・トロフィのNMクラス、30日には日光チャレンジ・ロードのPride Mixバトルに参戦予定ですが、バイクが変わればアプローチもガラっと変わるし、コースが変われば考え方も変わる。

これまでの数週間、頭の中は日光サーキットをVFRで走るイメージで埋め尽くしていましたが、気持ちをガラッと入れ替えて、これからの2週間はGSX-R600で筑波を走る事だけを考えていかないといけません。

R600とVFR

来週の8日はTTまでに筑波を走れる最後の練習予約が1枠だけ取れたので、今日のうちに元監督の福田さんのガレージにVFRとGSX-Rを入れ替えに行ってきました。

ちょっとしたダジャレでつけたゼッケン84番も、ただの思いつきで貼った蛍光オレンジベースののすけロゴも、すっかり自分のイメージというか…愛着が湧いています。不思議なものですね…f(^_^;)

3月のTT GSX-Rカップでは手も足も出ずに周回遅れでダントツの最下位。
7月のTT GSX-Rカップでは練習の甲斐もあって600ccクラスの優勝をいただきました。
さて、今月9月。GSX-Rカップを卒業してNMクラスにステップアップした僕はどんな結果が残せるんでしょうね♪

『努力をする』と言うのは簡単ですが、結果を残すとなると急に難しくなる。
そんな『努力』を重ねて来た人達とサーキットで競い合えるというのはとても光栄な事だな、と。
最近そんな風に考えるようになりました。

みんな1番になりたい。
でも1番になれるのは1人だけ。

大事なのは1番になろうという努力をしたかどうか。

僕ももちろん1番になりたいので出来る努力を惜しまない。

『まだ出来る事があるはずなんだよな…』とアレコレ考えて過ごす毎日には充実感があって良いですよね♪


一張羅ですよ!

先週末からOKR社長に預けてあったVFRを引き取って来ました。

明日はいよいよPride 4参戦ですが、1週間前になって急に言うな!とばかりにアレやコレやと無茶な注文に、快く応じていただいた社長に心から感謝。

それも期待していた以上の結果をいただいてしまったからには、僕も応えなければなりません。

日光サーキットを40秒台の猛者がひしめき合うPride 4で、これまでのところ41秒7がベストの自分がこのVFRで何処まで食い下がれるのか、非常に楽しみです!

それから、僕が気にしていた問題をすべて解消してもらったVFRに、RFのすけレーシングが世に誇るバトルマシン、タラヲさんが切り出してくれたカッティングを貼りました。

VFRのりはし仕様

元監督の福田さんからお借りしているGSX-R600とお揃いです♪

R600のりはし仕様


ただの思いつきで貼った蛍光オレンジののすけロゴなのですが、気付いたらこれが自分のトレードマークというか、自分が乗る戦闘機なのだと言いますかf(^_^;)

ゼッケン84も初めはただの洒落のつもりでしたが、今ではとても愛着のある数字になっています。

レースって不思議だなぁ…と改めて感じています。

明日はRFのすけレーシングからは僕とほりくりさんのバンディットがPride 4に出走します。

少しでも良い結果が報告出来るように、今自分に出せる力を全部出し切ってみたいと思います!

0点です。

僕は割と良く転倒するライダーです。

もちろん転倒しようと思ってした事は1度もないし、転倒するのが趣味という訳でもない。

タイヤのせいだった事もあれば、限界を捉えられなかったせいだった事もある。
その時々で理由はいろいろですが、これまでに何度も転倒して来た。

もうずいぶん長い事引き摺っている右手首と腰の怪我を負った時は、まだタイヤウォーマーというものに憧れつつ自走でサーキットに通っていて、充分暖まっていないタイヤで倒し込むのが早過ぎて絵に描いたようなハイサイドを喰らってしまった。

自分は15メートル以上空を飛んだんじゃないかと思うし、愛機R1は空中で1回転半してずいぶんボロボロになった。

今年に入ってからレース活動をさせてもらう事になりましたが、意識の面でずいぶん変化があって、練習する際の心構えもずいぶん変わった。

雨の練習なんて去年までは考えもしなかったですし。。

まだまだ全然足りないですが、今までと比べたらいろんなシチュエーションでたくさん練習をして、雨が降ってもそれとなく走れるようにもなった。

あの日完全には暖まり切っていなかったとはいえ、路面がドライでメッツラーのレーステックK1という組み合せなら、絶対にウェットコンディションをディアブロ・スーパーコルサで走るよりはマシな条件だったはずだ。

人生にもレースにも『たられば』はないというのは充分理解しているのですが、それでもあの日今のスキルがあったら絶対に転倒なんかしないで済んだ。

裏を返せば、そう思える程度には成長出来ているという事だし、あの教訓があるから無理をせずにアベレージを上げる方向で練習出来るようになったというのもあるように思います。

今年の春にレースを始めて間もない頃、元監督の福田さんに言われて印象的だった言葉がある。

『転倒、リタイヤは0点です。ポイントとしても、レーサーとしても0点。スタートしたら必ずゴールしてください』

凄く当たり前のような気がする言葉なのですが、とても印象に残っていて、その意味が少しだけ理解出来るようになって来たのはごく最近の事だ。

もっと練習して、コンディションに左右されない強いライダーになりたいと思います!

プロフィール

nosukeracing

Author:nosukeracing
のすけレーシングはらーめんふぁくとりーのすけのレーシングチームです。チームみんなで更新します。

最新コメント
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム